読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかる人財プロジェクト

資格とグルメが大好き

 

【ダントツでユーキャン】宅建士試験2016合格ライン予想データ(難易度・平均点・講評)を閲覧するためにやるべきシンプルなこと

宅建士 資格試験全般

f:id:hikarujinzai:20160929055420p:plain

 

2016年度(平成28年度)第回宅建士試験を受験した(する予定の)みなさん、いかがお過ごしですか? 

 

今日は、合格ラインが毎年変動するちょっと特殊な試験制度の宅建士試験を受験した(する予定の)方向けに、気が遠くなるほど長い合格発表までの期間をなんとか乗り切るためにやっていただきたいことをご紹介します。

 

特に今回初めて宅建士試験を受験される(された)方は、騙されたと思って今日ご紹介することを絶対にやっておくことをおすすめします。

是非肝に銘じておいてください。

 

宅建士本試験受験後、受験者は無情にも3つのグループに分かれます。

その3つのグループとは...

  1. 楽勝で合格組
  2. 残念ながらリベンジ確定組
  3. まな板の鯉状態のボーダーライン組

です。

 

問題の難易度によって毎年点数は変わるのですが、ざっくりと分けるとすると、グループ3はかなり広めに見て29~39点くらいです。

(実際は例年、合格ライン予想は上下5点くらいのレンジに絞られます。)

このレンジ超であればグループ1へ、未満であればグループ2へ分類されます。

 

今日のこの記事はグループ3(ボーダーライン上)の方向けです。

グループ3に入ってしまった方は合格発表日まで合格か不合格かわかりません。

なぜなら毎年合格ライン(合格点)は合格発表日に発表されるからです。

これって怖くないですか?

グループ3の方は合格発表日までの期間をまな板の鯉状態で悶々と過ごすしかないのです。

 

「合格発表まで運を天に任せて静かに待つ」といった強靭な精神をお持ちの方はそれがなによりですので、ここでこの記事を閉じてください。 

でも私のような凡人は(凡人でなくても、おそらく大部分の受験者の皆様も)試験直後からこの合格ラインが気なって気になって仕方なくなるはずなのです。

 

その合格ライン情報は各資格学校や各講師が威信とプライドをかけて各々の予想を競って公開してくれます。

ボーダーライン上の受験者はその予想(当たるも八卦当たらぬも八卦)を見て一喜一憂するのです。 

「この状況は単に受験者を翻弄しているだけじゃないか」と仰る方もいます。

そういう方を巻き込むつもりは毛頭ありませんので、先述のとおり静かに合格発表日をお待ちください。

でもそうすることができそうもない方(私は無論できませんでした...)はもう少しこの先を読んでみてください。

 

目次

 

 

 

 

 

 

【1】合格ライン予想データを閲覧するためにやるべきこと

とてもシンプルなことですので絶対に忘れないでください。

試験会場と帰宅後でそれぞれひとつづつです。

(1)試験会場

自分の解答を忠実に(正確に)復元して持ち帰る  

(2)帰宅後

資格学校の採点サービスに持ち帰ったご自身の解答をINPUTする

 

いたってシンプルですよね。 

(1)は忘れずに絶対にやりましょう。

(2)の前提条件ということもありますし、復元解答がないとそもそも自己採点ができなくなります。

自己採点ができないと合否判定などできるはずがありません。

ある意味試験本番で見直しの時間を削ってでもご自身の解答は持ち帰って来てください。

 

(2)については、主要な資格学校が採点サービスとか合否診断といった名目で競って実施しています。

多少個人情報を登録しなければならない(資格学校にとっては顧客データ収集)のですが、所要時間は10分もあれば足ります。

お疲れのところ恐縮なのですが、面倒くさがらずに絶対にやってください。

 

【2】このシンプルなことをやって欲しい理由

この採点サービスへの登録を何故やっていただきたいかというと...

  • 解答登録した人しか閲覧することができない情報(合格ライン・難易度・サンプルデータからの平均点・講評)が閲覧できる
  • 詳しい解答解説付きの模範解答冊子をプレゼントしてくれる

の2つの理由からです。 

特に合格ライン・難易度・サンプルデータからの平均点・講評に関する情報を閲覧できるかどうかは重要です。

※登録した人しか見ることができないというのがこのシステムのミソです。

模範解答も来年度、再チャレンジする際には必須です。(そうならないことをお祈りしております。)

 

【3】絶対に採点サービスに登録して欲しい3社

絶対に登録しておいて欲しい主要3社は...

・TAC

・LEC

・ユーキャン

の3社です。

 

忘れて欲しくないのでもう一度この3社を言っておきます。

・TAC

・LEC

・ユーキャン

の採点サービスに必ずご自身の復元解答を登録してください。 

↓↓↓

【TAC】 

(注)まだ2015のサービス画面のままになっています。

宅建試験(宅地建物取引士試験)解答速報| 資格の学校TAC[タック]

 

【LEC】 

宅建本試験 受験生応援企画 - 宅建士|LEC東京リーガルマインド

 

【ユーキャン】 

解答速報ならユーキャン|生涯学習のユーキャン

 

【4】主要3社のサンプルデータに基づいた合格ライン予想

詳しくは昨年度の本試験直後に当ブログで公開したこの記事に書いています。

 ↓↓↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

この3社の提供するサンプルデータからの平均点が、合格ライン予想の非常に有力なファクターになっています。

(サンプルデータとは採点サービスに登録してくれた受験者の得点(平均点)データのことです。)

 

◎合格ライン予想パターン

【TAC】

サンプルデータ:平均点のマイナス1~2点がその年の合格ライン

 

【LEC】

サンプルデータ:平均点のプラスマイナス1点がその年の合格ライン

 

【ユーキャン】

サンプルデータ:平均点のプラス3点がその年の合格ライン

 

【5】TACのサンプルデータに基づく予想の的中実績

【TAC】平均点マイナス1~2点(2点予想)

※平均点は四捨五入

平成21年 平均点35.00点 合格ライン33点(マイナス2点)的中

平成22年 平均点36.44点 合格ライン36点(平均点イコール)

平成23年 平均点37.29点 合格ライン36点(マイナス1点)的中

平成24年 平均点35.16点 合格ライン33点(マイナス2点)的中

平成25年 平均点34.47点 合格ライン33点(マイナス1点)的中

平成26年 平均点34.47点 合格ライン32点(マイナス2点)的中

平成27年 平均点31.70点 合格ライン31点(マイナス1点)的中

 

【6】LECのサンプルデータに基づく予想の的中実績

【LEC】平均点プラスマイナス1点(3点予想)

※平均点は四捨五入

平成19年 平均点34.4点 合格ライン35点(プラス1点)的中

平成20年 平均点33.2点 合格ライン33点(平均点イコール)的中

平成21年 平均点33.8点 合格ライン33点(マイナス1点)的中

平成22年 平均点36.3点 合格ライン36点(平均点イコール)的中

平成23年 平均点35.7点 合格ライン36点(平均点イコール)的中

平成24年 平均点33.2点 合格ライン33点(平均点イコール)的中

平成25年 平均点32.4点 合格ライン33点(プラス1点)的中

平成26年 平均点33.4点 合格ライン32点(マイナス1点)的中

平成27年 平均点31.2点 合格ライン31点(平均点イコール)的中

 

【7】ユーキャンのサンプルデータに基づく予想の的中実績

【ユーキャン】平均点プラス3点(1点予想)

平均点は四捨五入

平成20年 平均点29.80点 合格ライン33点(プラス3点)的中

平成21年 平均点30.40点 合格ライン33点(プラス3点)的中

平成22年 平均点32.10点 合格ライン36点(プラス4点)

平成23年 平均点33.05点 合格ライン36点(プラス3点)的中

平成24年 平均点29.77点 合格ライン33点(プラス3点)的中

平成25年 平均点30.40点 合格ライン33点(プラス3点)的中

平成26年 平均点29.10点 合格ライン32点(プラス3点)的中

平成27年 平均点27.89点 合格ライン31点(プラス3点)的中

 

 

 

 

いかがですか?

この3社のサンプルデータが合格ラインに密接にリンクしていることがわかっていただけたでしょうか?

特にユーキャン1点予想の威力は凄まじいものがあります。

これはもうダントツの的中実績です。

お見事としか言いようがありません。

「神」の領域です。

このサンプルデータからの平均点が閲覧できるかどうかで本試験から合格発表までの過ごし方が全く変わってきます。

何度も言いますが、こんな「たかが予想」に翻弄されたくないという方は今日の記事は忘れてください。

でも私がそうだったように、40点以上の高得点でも叩き出さない限りは(29~39点であれば)合格しているのかどうか本当に不安です。

合格ラインを予想するためのファクターであればどんな些細なものでも間違いなく欲しくなります。

渇望するはずです。

ネットを漁る毎日になるのです。

 

その為にも、最もメジャーな予想ファクターとなっているこの3社への採点サービス登録は絶対にやっておくことをおすすめしているのです。

本試験とはまったく関係のない、くだらない内容で誠に恐縮ですが、みなさんに「登録しておけばよかった」と後悔して欲しくないのであえて記事にしてみました。

 

以上が【宅建士試験2016】合格ライン予想情報(難易度・サンプルデータからの平均点・講評)を閲覧するために絶対にやっておくべきシンプルなことでした。

末筆になりましたがみなさんが2016宅建士試験に合格されることを心よりお祈りしております。

 

下がれ!合格ライン

上がれ!みなさんの得点

 

これで合格発表までの長いモヤモヤする期間をなんとか乗り切る準備ができました。

その傍らにこの小ブログを置いていただけると幸いです。  

(2016も宅建士試験情報をどんどんUPする予定です!)

★興味のある方は2015のすべてが解るこの記事をチェックしてみてください。

↓↓↓ 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

 

◎マークシート試験のおすすめのシャープペンシル 

ステッドラー シャープペンシル 1.3mm 771

ステッドラー シャープペンシル 1.3mm 771

 

 

 

 

 

関連記事

◎社労士試験おすすめ勉強法 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

◎資格試験に合格する人・落ちる人 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

◎資格試験のモチベーション維持法 

hikarujinzai.hatenablog.com

 

★クリックしていただければ他の宅建士試験情報を見ることができます!

↓↓↓


にほんブログ村